RM × eAeon

イ・イアン eAeon(이이언)

情報があまりないので記事からの話
「2019年1~9月パニック障害を患った後、活動が悪くて音楽をやめるかと思った。だが、症状を乗り越えた後、長年にわたって自らを怠った創作の制約と強迫から抜け出して新しい道を訪れた」と記者に話したそうです。

eAeon(이이언) _「やめて」(feat. RM) 公開日2021年4月30日

音楽的交流を続けているイ·イオンとRMは意気投合した「やめて」を通じてお互いがよく通じてよくくっつく理由を音楽的に立証した。 イ·イアンは相対的に高い自分のボーカルトーンとRMの重低音が成す調和をこの曲のポイントとして言及したことがあるが、むしろ力を抜いたRMの音とか弱いが、どうしようもなく平穏が感じられるイ·イアンの音が水が流れるようによく混ざる。 また、感情のクライマックスを抜いた2人の男の奥ゆかしい叫びは簡潔なメロディーに載せられ、一つの楽器のように感じられる。 離れないように恋人を捕まえる内容の歌が明らかな新派のように聞こえないのもそのためだろう。(追記、元記事

悲劇的愛の終末を扱った切ない曲「やめて」の制作で…
「波はもともとどんな色なのでしょうか/壊れた時は真っ白なじゃないですか」「ここの石畳に残してはいけません/月をつけてくれます」
どんな指示やアドバイスもなく、「この部分があなたのパートだ」とRMに伴奏を渡したが、歌詞とメロディーはもちろんボーカル編曲まで完璧にして、「良い音楽をする時が一番幸せだ」とRMが話したという。

これまでロック、ジャズ、電子音楽を交えて独創的な設計図を描いたイイアンは、新作にトラップ(trap)、イボラップ(emo rap)などヒップホップとR&Bの語彙を大挙導入した。ラッパースワールビー、ジェイクレフも参加させた。
元記事はこちら

  • URLをコピーしました!