兵役特例制度の廃止・維持に関係なくBTS活動の確保!?

SBSニュース⇨https://n.news.naver.com/article/055/0001003859?cds=news_my

(記事和訳はこちら)
<アンカー>グループ防弾少年団に兵役特例を与えなければならないかをめぐって賛否論争が続いている中、大統領室が最近芸術体育分野兵役特例制度に対する改善案を報告されたことで確認されました。制度を廃止するか改編するか、防弾少年団の活動は保障するという内容が盛り込まれました。
チャン・ミンソン記者です。

<記者>文化体育観光部が作成し先週大統領室社会首席室に報告した「芸術・体育要員制度改善案」報告書です。現行芸術・体育要員制度を廃止する1案と制度を維持するが公正性を強化する方向の2案が共に提示されました。
1案は制度を廃止しても入隊後に技量を維持できるように「芸術・体育部隊」を作ったり、軍楽兵服務分野を拡大して団体種目を新設する方案です。具体的には国内外のコンサート、授賞式参加、放送出演を含むオン・オフライン広報活動などです。ただし、「営利活動に該当」するため、釜山エキスポ誘致広報など公益性が認められたり、一定収益が公益目的に寄付される場合に限定しようとされています。

これには防弾少年団、BTSと関連した内容が2つすべてに含まれていました。BTSメンバー7人全員が参加する場合、年間120日前後に海外旅行と部隊外滞在を許可しようという内容が別途含まれました。

2案は現行制度を維持しても芸術・体育要員にBTSのような大衆文化芸術人を編入しようという提案です。兵役法を改正して編入対象を大衆文化芸術賞受賞者まで含めようというのですが、BTSは2018年メンバー全員が韓流拡散に寄与した功労を認められ、最年少の「花冠文化勲章」を受けたことがあります。文体部は今月中に国防部、兵務庁など関係機関と協議を経た後、来月まで公聴会などを通じて意見収斂を行うという日程も報告しました。

要約して纏めると・・・

  1. 先ほどアップしました朝鮮日報の記事「BTSの兵役免除、12月中に立場を確定させる」これを実行するための手段として「芸術・体育要員制度」を改善する。
  2. 改善案は2つある。1案が制度の廃止、2案が維持(改編)で、どちらにもBTSに関係した内容が含まれている。
  3. 1案はBTSの入隊先として、軍楽の団体種目を新設する方案
  4. 2案は、BTSのような大衆文化芸術家を編入を認めよう案
  5. 協議後、意見収斂日程も決定しているようです。

この上のニュースをツイッターで細かく訳されてましたので、下に纏めました。

兵役特例制度廃止·維持関係なくBTS活動保障 BTSに兵役特例を与えるべきかどうかをめぐって賛否の議論が続いている中”大統領室”が最近芸術·体育分野の兵役特例制度に対する改善案の報告を受けたことが確認された.制度を廃止しようが改編しようがBTSの活動は保障するという内容が盛り込まれた.
文化体育観光部が作成し先週大統領室社会首席室に報告した”芸術·体育要員制度改善方案”報告書だ.現行の芸術·体育要員制度を廃止する1案と制度を維持するものの公正性を強化する方向の2案が共に提示された.これにはBTS、BTSに関する内容が2つの案すべてに含まれてる.
1案は制度を廃止しても入隊後に技量を維持できるよう”芸術·体育部隊”を作ったり軍楽兵服務分野を拡大し団体種目を新設する方案.BTS全員が参加する場合年間120日前後で海外旅行と部隊外滞在を許可しようという内容が別途盛り込まれた.具体的には国内外のコンサート、授賞式への参加、放送出演を含むオン·オフライン広報活動など.但し’営利活動に該当”するため釜山エキスポ誘致広報など公益性が認められたり一定収益が公益目的に寄付される場合に限定しようとなってる.
2案は現行制度を維持しても芸術·体育要員にBTSのような大衆文化芸術家を編入しようという提案.兵役法を改正し編入対象を大衆文化芸術賞受賞者まで含めようということですがBTSは2018年メンバー全員が韓流拡散に寄与した功労が認められ最年少”花冠文化勲章”を受賞している.文化体育観光部は今月中に国防部、兵務庁など関係機関と協議を経た後、来月までに公聴会などを通じて意見収斂を行うという日程も報告した

個人的感想を残そうと思いましたが、適切な表現ができそうもないので状況のお伝えだけにします。きっと明日もBTSのニュースがたくさん出るんでしょうね。

  • URLをコピーしました!