パン議長!愛の実に50億ウォン寄付…「少しでも社会に還元」

パンさんが社会に還元しようとなんと50億ウォン(513,466,504円)を寄付したという話題。「助けを切実に必要とする青少年たちが自信を持って夢見て果敢に挑むことができることを願う気持ちで基金造成のための寄付をすることになった」という記事の一部修正の自動和訳

SBS芸能ニュース| https://v.daum.net/v/20221013124800559

13日、愛の実社会福祉共同募金会は「ハイブリッドのバン·シヒョク議長が50億ウォンを寄付し、韓国型寄付者オーダーメード基金13号に加入した」と明らかにした。 韓国型寄付オーダーメード基金は10億ウォン以上を一時または寄付約定する愛の実個人寄付プログラムだ。 別途の財団を設立したのと似た形で寄付者の意思を反映して基金事業を構成し運営するオーダーメード型基金事業だ。

この日午前、ソウル市中区の愛の実会館で開かれた加入式には、バン·シヒョク議長、愛の実チョ·フンシク会長、ファン·インシク事務総長をはじめ、関係者たちが共にした。

今回の寄付金は青少年のための基金として造成された。 愛の実は今回の基金を通じて学校外の青少年と施設保護青少年が差別なく学びの機会を享受して成長できるよう支援し、多様な支持体系の中で健康に自立できる好循環体系を形成する予定だ。

パン·シヒョク議長は「音楽創作家としてまた企業家として成長するまで色々な方面の助けと支持を受け、社会的に受ける助けがある人間を成長させるのに大きな養分になるということを体得した」として「少しでも社会に還元したいという考えで今回の寄付を決心することになった」と伝えた。 また「その過程でこの世代の青少年たちが私たちの社会を導いていける構成員として成長するためにどんな助けが必要なのかを考えることになった」として「助けを切実に必要とする青少年たちが自信を持って夢見て果敢に挑むことができることを願う気持ちで基金造成のための寄付をすることになった」と付け加えた。

最後にバン·シヒョク議長は、「本人の個人的貢献が一回性にとどまらず、この基金を通じて社会構成員に成長した人々が社会に寄与して還元できる姿を希望する」とし、この基金が有用に使われることを願う気持ちを明らかにした。

愛の実チョ·フンシク会長は「バン·シヒョク議長の寄付は特定社会問題解決のための集中寄付の良いモデルになると考える」として「学校外および施設保護青少年が社会的偏見を乗り越え健康な生活を営むことができるよう愛の実も最善を尽くす」と話した。

  • URLをコピーしました!