花のように咲くジミン(WKorea)①

Wkoreaの2023.2月号に登場したジミンインタビューの和訳です。

舞台の上でBTSのジミンはいつも身振りで話を書きます。 シャープで軽く、あるいは強靭で勇壮にです。 そんなジミンがしばらく地面を踏んで落ち着きました。 いつも彼だけの美しい気運を発散する彼が<W>(Wkoreaの略)カメラの前で花のように咲きました。

ソウル近郊にある大型スタジオ。 花柄自動車3台とマットレス、各自の席を守るスタッフとセット装備、そしてディオール衣装の間をジミンは静かで軽く動いた。 今日の主人公のために用意されたディオール2023サマーコレクションはフォーマルなルックもカジュアルなルックも、どちらも無心のように華やかで実用的なデザインという点が特徴です。 アーティスティックディレクターのキム·ジョーンズは、今回の男性コレクションにディオールハウス創立75周年を迎え、これまでの足跡を振り返る意味とディオールの伝説的な庭園イメージを溶け込ませました。 スタジオの床の片側の領域もカラフルな花々でした。 カバー画報撮影場にはいつも読者が予想するより多くのスタッフがいます。 撮影を終えた後、皆が少しずつ花を記念品に分けて持っていれば、まだ完全な状態のきれいな植物が惜しくも廃棄処分されることはないという意味です。

花で囲まれたマットレスの上でジミンはぴょんぴょんジャンプしたり、何度も体を飛ばしながら後ろに倒れた。 そんな時に思い浮かぶのは、舞台の上のジミンのダンスでした。 芸術高校で舞踊を専攻したジミンがその場で一度ジャンプをすれば、彼はただジャンプをするのではなく、飛翔した後、空中でしばらく留まる。 ただ刹那の瞬間を盛り込もうとした私たちの前で、大きく高く跳躍していたジミン。 大きな壁に巨人の影が垂れ下がっていました。

「君の心の奥深いどこか/相変わらずの少年がいる/My Moment Is Yet To Come.」2022年6月、10年目のグループであるBTSの歴史をCD3枚にぎっしり詰め込んだ<Poof>がリリースされたとき、そのアルバムに載せられた新曲3つのうちの1つである「Yet To Come」の歌詞です。 「まだ私たちの最高の瞬間は来ていない。」栄光の一章を整理しながら未来を約束するメッセージを残すのにこれより適切な文章があるでしょうか? ここ数年、BTSはスピード感と密度感が熱く共存する名前でした。 あれほど巨大でありながらきめ細かな人気が、あれほど恐ろしい速度で広がるとは、なかなか信じがたいことでした。 私はBTSのおかげで世界中の見知らぬ都市の名前を時々検索したりしました。 このチームの磁場は地球全体にまたがっていて、ある場合は地球儀や世界地図を覗いてみないと物理的距離に対する感覚が少しでもつかまったからです。

今はBTSメンバー各自のまた別のチャプターが進行中の時点です。 ジェイホープとRMはそれぞれ2022年7月と12月に初の公式ソロアルバムを、ジンは10月に初のソロシングルを出しました。 次の走者はどうですか? ジミンのソロアルバムに関するすべての話は、まだ隠密で慎重な問題でした。 しかし、私は彼のソロに会える時点がそれほど遠い未来ではないと推測します。 この本が出る前に<W>インスタグラムアカウントに先行公開されたカバー6種のイメージに対する反応をはじめ(予想はしたが、ものすごいその呼応に驚いた)、アーティストジミンの底力を示す証拠は今日も積もっている。

「Filter」は2020年2月にリリースされたBTSアルバム「MAP OFTHESOUL:7」に収録されたジミンのソロ曲です。 この曲は1月初め現在、Spotifyで3億4700万以上ストリーミングを突破しています。 ジミンには彼が約4年前にサウンドクラウドに公開した自作曲「Promise」、ジミンがプロデューシングしてVと共に歌った「友達」、優れたパフォーマンスで着実に照明されるソロ曲「Serendipity」や「Lie」などの跡もある。 これらの曲が発売1周年、2周年を迎える度にジミンのファンがその点を多様な方式で記念するのは感嘆なことです。

スタジオでジミンの音楽的足跡をたどっている間、少し前まで目の前で跳躍していた彼は、少しずつ違う雰囲気を醸し出していた。 ベージュ色のコートを着たジミンがセピア照明の下で足を組んだまま惨めに座っている姿を初めて見た瞬間には、なぜかモディリアーニの肖像画が浮かび上がった。 彼がカメラに連結されたシャッターの紐を握ってセルフィーを撮る最後の試みに至って初めて、少しいたずらっ子のような顔も見ることができた。 2014年の冬、新人グループのBTSが<W>と画報を撮ったことを覚えている人は多くないでしょう。 当時、幼い顔をしたメンバーたちはチームが立てた目標をこのように明らかにしました。 「新人賞、コンサート、歌謡プログラム1位。」過去の本とまもなく印刷される滑らかな紙を並べて見ていた私は、親にでもなったかのように胸が熱くなった。 バルンジミンはその撮影を覚えて「再会」という言葉で第一声を始めた。 私たちのインタビューはにぎやかなスタジオではなく、書面で行われました。 最近「記録」に心酔した彼には言葉よりテキストがもっと似合うこともあることです。 長い間記憶に残りそうな話は、彼からスターのさまざまな包装を取り除いて、残る本来のパク·ジミンが誰なのか尋ねた部分から出た。 「トレーニング服姿で友達と屋台に行って焼酎一杯飲むのが一番好きなとんでもない友達。」距離を置いて自らを眺めるように「友達」という呼称を使ったジミンの静かな声を想像してみる。

花のように咲くジミン(WKorea)②へ続く

  • URLをコピーしました!