「Set Me Free Pt.2」ポスター考察

「FACE」では自分に向き合い、アーティストのジミンとして新しい始まりを準備する物語を収めたアルバムだと紹介されています。そのアルバム先行公開曲「Set Me Free Pt.2」のTRACKポスター公開されました。

「Set Me Free Pt.2」の曲コンセプトは、「内面の様々な感情を乗り越えて自由に進んでいくという決然とした意志を収めている」というのですが…、ポスターを見ると円柱の建物の側面に、飾り棚のようなスペースがある。棚には何も置かれておらず、モノトーンの画像のためか、地面には木材のような温もりはなく、どこか淋し気。このポスターにも当然、意味があるんだろうと眺めていたら、早速、特定アミ達が動き始めていました。

このツイートには、「パノプティコンとは牢獄のことで、この曲は「set me free」と呼ばれています。ミシェル・フーコーのパノプティシズムの理論は、これをさらに解明している。社会的・象徴的秩序に服従することであり、意識的な自己観察である。しかし、ジミンにとってパノプティコンは何を意味するのだろうか。」と書いています。

WIKIで確認すると、パノプティコン、もしくはパンオプティコン(Panopticon)は邦訳すれば全展望監視システムのこと。 all「すべてを」(pan-)observe「みる」 (-opticon)という意味とでてきます。個室が多層式看守塔に面するよう設計されていますが、ブラインドなどによって個室同士が覗くことはできず、また中央の塔から個室は監視できても個室から中央塔は見えない作りだそうです。のちに、学校や病院や工場などの施設に応用されることが意図されていたと言います。

パノプティコンがモチーフの画像だとするなら、かなり深い意味がありそうですね。ジミンはそもそも…中央から見てる側なのか見られている側なのか、それだけでも印象が違ってきます。ですがこのポスターには中央塔がありません。ですので、既に自由になったそんなイメージにもとれます。

曲のタイトルも含めて考察すると「set me free」(前後の文が分からないので単体の意味が特定しにくいですが)コンセプトに「内面の様々な感情を乗り越えて自由に進んでいく」とあるので、束縛から心を自由にする(解き放つ)こんな意味の曲な気がします。あくまでも、アミさんの考察に繋げてみただけです🤔

こんな風に考察をすると、曲を待つのが倍、楽しみになります。

発売後に、アートディレクターjeon.minkyuさんのインスタグラムから公開された写真



  • URLをコピーしました!