GQ JAPAN SUGA

2013年にデビューをして以来、 韓国やアジアのみならず、世界の ハートを鷲掴みにしているBTS。 2021年10月に韓国版『GQ』が、 コロナ禍で約2年ぶりとなったオフライン・コンサートに向けて準備をするメンバーたちに話を訊いた(2021年12月30日発売の2022年1月号に掲載)。 それぞれの日常や喜び、葛藤について語るBTSの現在地とは?

BTSに投げかけた質問に答える形式です。詳細はリンクからGQJAPAN記事へ

SUGA
「夢は変わり続けるものです」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

ジャケット ¥415800、シャツ ¥97900、パンツ ¥132000、ピンズ ¥91300、リング ¥82500 by LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

SUGAと音楽の不思議な距離感

GQ 最近、シュガさんはお元気ですか?

SUGA(以下SG) ちょうどいい感じです。こう表現するのが正しいと思います。とても素敵な人たちと一緒に働くことができて、とくに面倒もありません。最近は心が楽ですね。

GQ 感情の波が安定した感じがします。落ち着いて、心を安定させる方法はなんですか?

SG ただ一歩後ろから状況を見守ればいいんです。当然、感情的で激しくなる瞬間もありますが、少し我慢して一歩後ろから俯瞰すれば、より広い視点で状況が見えます。僕は感情的になると、すべてをストップさせてしまう。ちょっと考える時間をつくるためにね。だから他人と喧嘩することがないんだと思います。

GQ 努力しても慣れないことはありますか?

SG 僕たちは、だいたい3年前の反応がいまになって体感できます。その当時にはわかりません。ある意味、それが僕たちの強みでもあったのですが、いまだに僕たちを讃えてくれる言葉を聞くと少しぎこちなく、恥ずかしい感じがします。そこまでじゃないよ……と。それでも、ステージでのパフォーマンスではとてもワクワクしますね。

GQ デビューして以来、音楽に対する態度や視野が変化したはずです。シュガさんを奮い立たせつづけるエネルギーはなんでしょうか。

SG 僕のなかにある面白いアイデアです。いま、BTS以外の作業をするのもそうですし、広告音楽や軽音楽を作ったり……それってじつは珍しいことじゃないですか。けれど、そういう挑戦が僕はとても楽しいんです。明日に期待できるようなチャレンジっていうのかな。恨みと怒りは自分の心を蝕むので、そういう感情はいったん置いて、代わりにポジティブなエネルギーを利用しています。

GQ 「シュガ」から「Agust D(ラッパーとしてのソロ名義)」、「BY SUGA(プロデューサーとしての名義)」まで、この3人がそれぞれ占めているミン・ユンギ(本名)の割合はどんな感じですか?

SG 3人とも同じ僕です。平等に3分の1ずつ占めています。僕はただ選択肢を提示しているだけなんです。それぞれまったく異なる自分の側面なので、人々が見たい〝僕〟を提示しています。

GQ 制作時に区切りとなるようなポイントはありますか? 2020年にYouTubeで絵を描いた際は、筆をなかなか下ろしませんでしたね。

SG 何かが出てこないときは、勇気を出してやめるんです。できないことにしがみつくタイプではないので。でも、ゾーンに入ったら時間が経つのも忘れて、やりつづけます。絵を描くことだけではなく、どんなことでもそうです。好きなことが新たにできると、ちょっとバカみたいにやってしまいます。単純に面白くて続けてしまうんです。

GQ 情熱をもって、ひとつの分野を地道に掘り下げるというのは簡単ではないですよね。好きなことを長く持続する方法はありますか?

SG あまり好きにならないようにすることですね。好きすぎると長くできません。音楽をとても愛していましたが、あまり好きにならないように努力した時期がありました。いまも好きになりすぎないよう努力しています。

GQ いまもですか?

SG はい、音楽を作るタイミング以外は音楽を聴きません。可能であればできるだけ音楽と距離を取っています。音楽を探すのは自分に本当に必要なときだけ。愛しすぎると、それゆえに諦めなければならないときが来るから。ある程度、適切な距離を置けば、腐らずにそれを長く続けることができます。好きな対象に意味を与えすぎると辛くなるんです。

GQ その距離はいつごろ取り始めましたか?

SG だいたい5年前、2016年ごろからです。流れに身を任せてもいいし、あまり無理しなくてもいいし、というように。曲に関しては、僕の作業が煮詰まっても、どっちみち僕らはチームだから、誰かが穴を埋めてくれます。ある意味、メンバーをたくさん頼るようになりました。もちろん、それでも責任感をもってやっていますが、僕が転んでも僕を受け入れてくれる人たちがいると思えるのはいいですね。

GQ BTSの音楽には大胆かつ鋭いテーマがたくさんあります。夢や現実、孤独、希望といった、私たちの琴線に触れるものです。今後はどんなキーワードが残っていくのでしょうか?

SG 夢の話は続くのではないでしょうか? 僕もずっと夢を見ながら生きていて、これからも夢を見るでしょう。「Dynamite」以降は、まだ難しい悩みです。

GQ 多くの人がそこに注目をしています。

SG もうちょっと時が経てば、きっといまよりたくさん話ができるでしょうね。なぜなら、僕が実際に経験をして感じたことをみなさんと共有したいから。終わりのないシーソーゲームをしながら、また前に進まなくてはいけません。

GQ 夢というキーワードはBTSとシュガさんにとって、とくに切ない気がします。BTSが「夢の前では誰もが平等で、夢がなくても大丈夫」と言ってくれたおかげで、多くの人の心が癒されました。でも、ときには目標と夢が人生で大きな力になることもあります。夢の前で迷子のようになっているときは、どのように行動すべきでしょうか?

SG 夢にあまりにも多くの意味を与えてはいけません。夢はただの夢なんです。夢がなくてもいいというのは、事実として夢がなくてもいいから言いました。必ずしも、そんなに努力して、苦労しながら生きなくてもいいということです。78億人の人口が78億通りの人生を生きているのに、1つの道だけに進ませようとさせられているのが僕はとても残念です。60代や70代の人も夢をもっているかもしれませんが、社会はとくに若い人たちに残酷だと思うことがよくあります。ある道に進み、その通りにならなければ、まるで失敗したかのように言われるじゃないですか。でも、生きてみるとそうではないんですよ、人生は。若い人たちには、あまり自分を責めないでほしいですね。それはあなたのせいではないから。それに、他者と自分を比較しないでください。夢の大きさをあえて他人と比較する必要はまったくないんですよ。僕もものすごく大きな夢をもって生きているように見えるかもしれませんが、そうではありません。僕もいまは夢がないんです。夢がないことが果たして不幸なのか? そうでもないですよ。むしろ、いまは楽です。また夢はできるでしょう。バスケットボールがもっと上手くなりたいのが僕の夢かもしれないし、そんなことを1つ、2つずつ叶えていくだけでも、十分価値のある人生だと思います。

GQ 大きくても小さくても夢は夢だ、明快ですね。

SG 僕は1日1日を生きていく理由を探し始めましたが、ただ心が楽なのが一番よかったんです。心配を少しなくして、気楽な人になるのが夢です。こう言うと、「君はすべてを叶えたからそんなことが言えるんじゃないか」と偽善的に思われたりするので、あまり大きな声で言えないのですが……。でも、どんな夢であれ自分が生きていくための原動力になるような夢はもってほしいです。

GQ そして、それは時間とともに自然とやってくるものなんですね。

SG 当然です。夢は変わり続けるものです。6カ月前の自分といまの自分はまったく違っているし、6カ月後の自分も今の自分とは異なります。だから僕は「初心」という言葉があまり好きじゃないんです。その言葉は大人たちが人々を管理しやすくするために作った言葉だと思います。人間は変化するという事実を認めなければなりません。変化に順応しながら生きていけばいいと思います。

GQ シュガさんがいつかフォークソングを歌うときを楽しみにしてもいいでしようか? 最近、新たにアコースティックやフォーク音楽に関心があるそうですね。

SG 歌う日が来ると思いますよ。最近はギターをあまり弾いてないのですが、歌の練習はしています。メンバーはあまり気にしていませんが、僕の声を好きな人たちのおかげで、自分の声に自信をもてたんです。最近はあまり音楽のジャンルに境界がないので、いろいろなものが混ざっているクロスオーバーもとても好きです。だから今後、僕が歌っているのも想像できますよね?

GQ JAPAN記事 https://www.gqjapan.jp/culture/article/20220324-bts-cover-sg

JIN「引退をすることになったら、静かな田舎の村に住むのもいいかな」
──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

RM「僕もアーミーのファンです」
──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

J-HOPE「常にチャレンジして、現状に安住せずに努力すること」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

JIMIN「みなさんが一生懸命努力しているという事実を、いつか世界はわかってくれる」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

V「仕事を終えるときは夕焼けを見たい」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

JUNG KOOK「僕はもっと上にあがりたい」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

  • URLをコピーしました!