GQ JAPAN V

2013年にデビューをして以来、 韓国やアジアのみならず、世界の ハートを鷲掴みにしているBTS。 2021年10月に韓国版『GQ』が、 コロナ禍で約2年ぶりとなったオフライン・コンサートに向けて準備をするメンバーたちに話を訊いた(2021年12月30日発売の2022年1月号に掲載)。 それぞれの日常や喜び、葛藤について語るBTSの現在地とは?

BTSに投げかけた質問に答える形式です。詳細はリンクからGQJAPAN記事へ

ジャケット ¥2948000、 ネックレス(スケボー)  ¥91300、 プルオーバー、トラウザー、 ネックレス(チェーン)  すべて参考商品 by LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン クライアント サービス)

BTS V「仕事を終えるときは夕焼けを見たい」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

Vが大切にしている価値観

GQ 調子はどうですか?(Vは2021年10月に行われたオンラインライブのリハーサル中に足を負傷した)

V 早く治療を受けて以前の状態に戻りたいです。ちゃんとライブができればいいのですが、アメリカに行ってもまだ痛みがあったら泣いてしまいそうです。

GQ オンラインライブでは残念そうにしていましたね。

V はい。ソファに座ってパフォーマンスをしたとき、「もしこれがリアルライブだったら、アーミーのみなさんの前で大泣きしていただろうな」と感じました。いまはほとんど歩いておらず、家に帰るとずっとベッドにいます。

GQ ひさしぶりにファンと交流できる機会だったので余計辛いですね。Vはファンの交流アプリ「Weverse」でアーミーたちとやりとりをするのが有名でした。「交流キングのキム・テヒョン(本名)」というニックネームもつけられていました。そうしたオンラインでの交流からどんなパワーをもらいましたか?

V 最近は前よりはできていませんが、自分が生きていると感じるために必要なほど、オンラインでの交流は重要でした。ファンに会いたいけど会えないので、かれらと唯一交流できる手段がオンラインでした。

GQ 繋がっている感覚が重要なのですね。

V はい。ファンのメッセージをひとつひとつ読みながら「あぁ、この人たちはサイボーグじゃないんだ」と感じました。「この人たちは現実に生きているのか?」、「本当にアーミーは僕の周りにたくさんいるのか?」と混乱した時期に、「Weverse」で心のこもったコメントや手紙を読むと「やっぱりアーミーたちはbotじゃなかった!」と思うんです(笑)。

GQ 数日前に「Weverse」で性格診断の結果を載せていましたね。外交的な性格から内向的に変わったと。その変化が仕事に影響を与えることもありますか? また、ソロのミックステープの作業はいかがですか?

V 僕は作業をするために時間がたくさん必要な人間だと自分で理解しています。やってみたいことを日記やノートに書いていますが、それを実行するには少なくとも3カ月くらい時間が必要です。最近はいろいろと準備も多くて、じつは寝る時間もなくて……。いまはソロの作業をやりたくないので、しばらく先延ばしにしている状態です。少し休むことができたら、そのときはノンストップで作業をすると思いますよ。

GQ アーティストとして成し遂げたいことはありますか?

V うーん……、「本当にいい曲を書きたい」とよく考えています。アーミーにも、知人にも、誰にでも堂々と自信をもって聴かせられるような曲です。自分がつくった曲でも、時間が経って、ふたたび聴いたときに微妙だと思ったら全部白紙にするんです。いま、このプロセスを経て残っている曲は多くありません。すぐに気が変わるので、メロディーも歌詞も変えてしまうんです。あるとき、このやり方だと終わりがないなと気づきました。だから、僕の究極の願いは、誰が聴いても納得する曲を1つでも残すことかもしれません。

GQ タイムレスな曲ですか?

V はい。たとえば、クラシックのような。ずっとめぐり続けているじゃないですか。

GQ そんな曲をつくるために、VさんがVさんらしくいられるようなものはなんですか? 時間が経っても決して失いたくないと思うものです。

V 自分の価値観は失いたくありません。いつも、かならず正しく生きることはできませんが、少なくとも自分の行動に関しては恥じたくありません。たとえば舞台に立つとき、曲づくりをするとき、自己紹介をするときなど、自らの道義にかなった行動をしていれば、それが自信として表れます。そうやって自分の進む道を磨いていけると思います。

GQ 外側より内側から刺激を受けるタイプなのですね。

V はい、自分で自分を追い込むタイプです。自分が力不足のときでも、メンバーが簡単にできるのを見ると、早く追いつかなくては!と思います。僕という人間を動かしてくれるのはメンバーだと思います。

GQ フィルムカメラで写真を撮っているそうですが、最近、Vさんが美しいと感じた風景はありますか?

V 夕焼けが19分間つづいたことですね。19分と数秒です。この前、夕焼けになるのを見ながら「いまから計ってみよう」と思い、タイマーで計ると20分も経たずに暗くなったんです。その時間は最高でした。僕は朝焼けよりも夕焼けの方が好きなんです。マネージャーさんにも仕事を終えるときは夕焼けを見たいと伝えているんです。夕焼けを見ると、1日のルーティンを幸せに終えることができます。夕暮れの19分は本当に幸せな時間でした。

GQ カメラのほかに、トランペットも学んでいると聞きました。以前はサックスも吹いていたりと、クラシックなことに興味があるのですね。

V 僕は感性を刺激するものが大好きなんです。それに洋服やアンティーク、芸術を楽しんでいるときの僕は単純なんですよ。「鳥肌が立つな、感動するな、きれいだな、カッコイイな」と思って、僕も真似したくなるんです。「僕もああいう感じを目指そう」とか「僕が演奏する楽器はなんでこんな音なんだ?」、「あの絵は綺麗だなぁ」、「僕も描いてみよう」なんて考えています。まぁ、結局は受け手として鑑賞するのが一番面白いのですが(笑)。

GQ ゴッホが好きだと知って訊きたかったのですが、映画『ミッドナイト・イン・パリ』の主人公のように、ある時代に戻って会いたい人はいますか? サルバドール・ダリとかコール・ポーターとか?

V ギリシャ神話やローマ神話の登場人物に会いたいですね。ゼウスやポセイドンに会ってみたい。その時代の神々に会ってみたいです。だって気になりませんか? 幼いときに物語として読んでいましたが、本当にゼウスの力は強いのか、アフロディーテがどれほど美しいのか……。意外とゼウスは弱かったりして。

GQ このインタビューは2021年の終わりに世に出ます。感謝の気持ちを込めたメッセージ・カードを書くとしたら、誰に書きたいですか?

V 僕はタンに書きたいです。ヨンタン、うちのワンコです。

GQ ワンちゃんがわかるように書く必要がありますが、どうするのでしょう?

V 「ワンワンワンワン」にしましょうか(笑)? タンは大変な人生を送っているんです。生まれたときから健康に問題を抱えていて。気道が狭くてうまく呼吸ができません。ちょっと走ると失神するので、2021年に手術を2回も受けたのですが、どちらとも失敗して……。薬で耐えるしかないんです。そんなタンにたいして、大変なのにもかかわらず頑張って耐えて生きてくれてとても感謝している、残りの人生を一緒に楽しい時間を過ごせたらいいな、大人になったタンを見たいよ、と書きたいです。

GQ 私もお祈りしています。私たちに動物の言葉がわかればいいんですが。

V この子はぜんぜんごはんを食べないんですよ。おやつだけ食べるのは健康によくないのですが、頑固なんです。本当に頑固者。

GQ 最後の質問です。2022年のキム・テヒョンとBTSのV、アーミーたちに望むことは?

V キム・テヒョンに関してはケガをせず健康でいてほしいですね。ケガをして以来、そんな気持ちになりました。そしてVには、いい曲をたくさん書いてアーミーに聴いてもらいたいです。ミュージックビデオと曲は繋がっているので、曲と同じくらいかっこいいミュージックビデオを撮りたいです。こういうことを考えるとアイデアが頭を駆け巡るんですよ。そしてアーミーに関しては、もっと僕らと会う機会が増えると嬉しいです。

GQ出典 https://www.gqjapan.jp/culture/article/20220327-bts-cover-v

SUGA
「夢は変わり続けるものです」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

JIN「引退をすることになったら、静かな田舎の村に住むのもいいかな」
──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

RM「僕もアーミーのファンです」
──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

JIMIN「みなさんが一生懸命努力しているという事実を、いつか世界はわかってくれる」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

J-HOPE「常にチャレンジして、現状に安住せずに努力すること」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

JUNG KOOK「僕はもっと上にあがりたい」──世界を魅了する7人が語る「いまの僕」

  • URLをコピーしました!