BTS × Lauv

Lauv

ジョングクがTwitterで『Never not』を歌ったことで注目されたようなイメージを持たれている方も多いかも知れませんね。


ラウヴ (Lauv、本名アリ・レフ 、1994年8月8日-) は、ロサンゼルスを拠点としたアメリカの歌手、シンガーソングライター、プロデューサー。2015年にデビュー。
沢山の人とコラボしたり、他アーティストへの楽曲提供も行っている。楽曲のストリーミング合計再生回数は、全世界で50億回再生を突破している

Make It Right BTS X Lauv 公開日:2019年10月18日

Lauvがウェンブリー公演に来たことで始まった縁によるコラボ
エド・シーランが提供した曲「Make It Right」は、アルバムの曲として先に発売された後、後続してラウヴがフィーチャリングとして参加したリミックスが発売された。ラウヴとの縁は、彼がBTSのウェンブリー公演でバックステージに来てくれたことから始まり、コラボレーションする仲にまで発展した。ラウヴは、チル(chill)な音楽でSpotifyの全幅の支持を受ける新人アーティストだった。その影響がラジオなど既存の媒体にまで及び、ラウヴがフィーチャリングした「Make It Right」もそれまでと比べて優れたラジオ放送点数を獲得した。(Weverse引用)

Who JUNGKOOK.JIMIN X Lauv 公開日:2020年3月6日

「Make it Right」のリミックスで協業したラウヴとはその後、彼の2020年のアルバム『How I’m Feeling』の収録曲「Who」でもう一度タッグを組んだ。このコラボレーションでは、BTSからJUNG KOOKとJIMINの2人が参加し、物憂げでありながらも激情的な曲を理想的に歌い上げた。JUNG KOOKとJIMINが繊細な表現に長けたR&Bシンガーであることを示した曲だ。(Weverse参照)

ブロックを追加



  • URLをコピーしました!