Jamais Vu

MAP OF THE SOUL : PERSONA(TRACK6)JIN、J-HOPE、JUNGKOOKのユニット曲
(RM語りより)タイトルを読むのが大変という方々がいらっしゃって「ジャメビュ、ジャメブ」です。デジャブの双極にあるものがジャメブ。デジャブは既視感。僕が初めて経験することなのにどこかで見たようなもの、それがデジャブで、ジャメブは逆に未視感(や、未視体験)

MAP OF THE SOUL : 7(RM作業ビハインドより)

僕の昔のホンデの通りがそうだった。想像広場、そっちのほう、メインストリート。最近は行くことがあまりないけど。中学生の時に歩いて10回以上行ったけど、そこがどこなのか分からない。僕が行っていたライブクラブ、ライブ公演するその場所が一体どこにあるのか分からなくて迷った、それがジャメブなんだ。それじゃあ方向音痴なのかな、ジャメブは(笑)?とにかくそういう曲。

この歌が一番悲しい。僕はこのアルバムで一番悲しいと思う。ガイドを聞いた時、すごく胸が熱くなって、ユニット曲なので、僕の声はありませんが僕が歌詞を書いたから、これを聞くたびにすごく悲しい、本当に。特にジョングクが「Please give me a remedy」を歌う時すごく胸が熱くなる。

この歌は聞いたらどういう内容?と思うかもしれませんが、最初からゲームというものをテーマにして始めた。これは僕の多くの解釈や色んなものを連携して、全てお話しすることは出来ませんが、とにかく最初からゲームだと思っていた、この歌はゲームだ。ゲームが世界観なんです。
ここはゲームの中で、RPGゲーム、特にコンソールゲームをしていると、死んだらリースファンになって保存した場所に戻ったり、最初から始めないといけないゲームがあるじゃないですか。装備のようなものが全て奪われて。そういうものだと思った。
なので君がいて、君を説得して、それか一緒に同行していかないといけないそんなゲームなんですが、ずっと死ぬんです。落ちて倒れて。なぜなら、僕はこゲームをするのが初めてだから。なのでそのゲームをしながら、いろんなゲームをしながら感じた喪失感と虚脱感を多く盛り込もうとした。

とても新しいユニットの組み合わせ。ジェイホープ、ジョングク、ジン。どう作られるんだろうと思ったんですが、すごく良く出た。
この歌は多くの、メンバー達が出る前に一番好きだった曲だったし、ユニットじゃないメンバー達がすごく羨ましがっていた。僕とジミンとテヒョンとすごく羨ましがっていた。僕もこういう歌を歌いたいと言っていた、そんな曲です。
最後の最後に後ろから声が聞こえるんですが、(映像50分25秒から音楽が流れる)「簡単じゃない、止めるのかって? No,no never」というこの声がホビです。
ご存知ない方々がいらっしゃると思って。ここでホビが一緒に最後ジンさんとジョングクと歌を歌っています。とにかく僕が多くのことをした歌ではないので歌詞で話すことは沢山ありませんが、僕がすごく好きな曲なんです。聞くとすごく悲しくなるおぼろげな。
導入部、ジンさんのパートに(映像51分06秒から音楽が流れる)「揺らぐ game over over over」これをジンさんが、ガイドを聞いて別のように聞こえて、「揺らぐ Game over」これに変えて欲しいと言ったんですがこれがすごく面白くて、お互いに沢山笑った。

lyrics @luv_musik_様

また負けてしまったみたいだ
君を怒らせてしまったみたいだ
ちらつくゲームオーバーの文字
もしこれがゲームなら
またロードすればいいけど
何とかしなきゃならないんだな
何とかしなきゃ
この現実を
いっそのことゲームだったらよかったのに
辛すぎるから
自分で何とかする力を取り戻せたらいいのに
ここでは本当の自分でいられないんだ
完璧になれなかった俺を責めてくれ
この頭にブレーキがかかる
踏み出す足にブレーキがかかるいつも
ただ上手くやり遂げて
笑ってほしかっただけなのに クソ
どうか救いを
止まってしまった心臓を再び跳ねさせる力を
イジェオットケヘヤへ
もうどうするべきなのか
僕を助けてもう一度チャンスを
どうか
救いを調べを
僕独りに残されたその記憶
この辺で辞めて
消してしまえば全部楽になるのだろうか
大丈夫だけど大丈夫じゃない
慣れたことだって独り言を言うけど
いつも初めての時みたいに 辛く感じるんだ
実力不足のゲーマー
そうだよ 自分すら制御出来ないんだ
ずっと辛いだって試行錯誤や ありとあらゆる
歌詞や身振り1つ
たった一言が
全部自分の知らない一面になって
怖くなるんだ
またいつものように 逃げようとする
だけど引き留めてくれるんだよ、それでも君が
俺の影は大きくなって行っても
俺の人生と君は’=(等号)’
だから俺の救いは 君の救いでもあるはずだ
どうかその救いを
止まってしまった心臓を再び跳ねさせる力を
もうどうするべきなのか
僕を助けてもう一度チャンスを
どうか
俺の影は大きくなって行っても
俺の人生と君は’=(等号)’
だから俺の救いは 君の救いでもあるはずだ
どうかその救いを
止まってしまった心臓を再び跳ねさせる力を
もうどうするべきなのか
僕を助けてもう一度チャンスを
どうか
もうどうするべきなのか
僕を助けてもう一度チャンスを
どうか救いを
(成功なんだろうか?戻ってきた)
止まってしまった心臓を再び跳ねさせる力を
(一生懸命 必ず君に届ける、堕ちて、転んで)
もうどうするべきなのか
(感じ慣れた痛みがまた同じように俺を襲ってくる)
僕を助けて
(今回だって簡単じゃない)
もう一度チャンスを
(諦めるかって?いやダメだ決して)
諦めたりしない

  • URLをコピーしました!