HYBEジャパン、オーディション番組公開… バン・シヒョク第一回出演

ハイブレーベルズジャパンは7月9日、公式ユーチューブチャンネルとフルーインジャパン(HuluinJapan)を通じて「アンドオーディション-ザ·ハウリング-」の最初のエピソードを公開した。

この日の放送ではハイブバン·シヒョク議長が「アンオーディション-ザ·ハウリング-」プロジェクトを直接紹介した。 バン·シヒョク議長は「昨日より良い私になろうと努力する少年たちのためのボーイズグループデビュープロジェクトを始める。 「アンオーディション」の「&」(アンド)は人と人、人と世の中の間をしっかりつなぐという意味を持っている。 少年たちの、夢に向けた真心のこもった努力と成長過程を見守りながら、放送を通じて皆さんと少年たちが『&』につながることを希望する」と説明した。

続いてMnet「アイランド」(I-LAND)を通じてデビューしたENHYPEN(ENHYPEN)が登場した。 ENHYPENはデビュー組のケイ(K)、ニコラス(NICHOLAS)、ウィジュ(EJ)、タキ(TAKI)と嬉しく再会し、アーティストであり先輩として助言をした。 その後、4人のデビュー組と11人の練習生が初めて対面する姿が盛り込まれた。 11人の練習生はパフォーマンスを含め、それぞれ個性のこもった魅力を発散した。

彼らには1次ミッションが与えられた。 シグナルソング「TheFinalCountdown」のパフォーマンスを完璧に消化すること。 ハイブレーベルズジャパンのパフォーマンスディレクター井上さくら、音楽プロデューサー兼音響監督の相馬謙太の指導の下、練習生たちはシグナルソングパフォーマンスを磨いた。

放送の最後にシグナルソング「TheFinalCountdown」の舞台が初めて公開され、情熱的に舞台を終えたデビュー組と練習生たちにオーディションプログラムのメンターとして参加するビッグヒットミュージック所属プロデューサーのピドック、パフォーマンスディレクターのソン·ソンドクは暖かい激励と助言をした。

一方、「&AUDITION-TheHowling-」は毎週土曜日、1回当たり60分のエピソードがハイブレーベルズ公式ユーチューブとHULUインジャパン(HuluinJapan)で公開される。 13日からはオーディション応援プログラムである30分分量の「&AUDITION」-LIVE-」が毎週水曜日、日本テレビを通じて放送される。
https://n.news.naver.com/entertain/article/609/0000600908


  • URLをコピーしました!